お手頃価格で健康生活

お手頃価格で買える青汁

青汁の種類は沢山ありますが、どの商品を見てもお手頃な価格で販売されています。
通販でもそうですし、ドラッグストアでもそうです。
大体が1900円〜4000円辺りで販売されていると思います。

 

ただ、

 

「値段が安いから効果がない!」
「高い方が栄養素が高い!」
「安いのはまずい!」

 

などなど、思われる方がいるようですが、実はそんなことは全くありません。
基本的には栄養素やカロリーなどは、販売表示欄に書かれていますので、そちらを確認していただけるとわかると思いますが、栄養自体はほとんど差はありません。
ですから、値段が高いから栄養素が多いというのは間違いとなります。

 

次に、安いから不味いという意見ですが、実はどの商品もさほど味は変わりません。
これは私のサイトで書いていますが、基本的に青汁は美味しくありません。
なので、あとは使われている原材料によって好みが大きく左右すると思いますので、そちらの方が重要かと思います。
例えば、ケールは苦手だけと大麦若葉なら飲める・・・とかですね。

 

ですから、まずは値段で判断するよりも、飲みやすいかどうかを判断していただけたらと思います。
飲めなければ、いくら健康にいい青汁でも意味がありませんからね。
ご自身の飲みやすい、家族で飲みやすい青汁を選んでみてくださいね。

青汁の原材料が気になる方へ

先ほどは値段が安くても味や栄養素はほとんど変わらないと書きましたが、値段によって使われている原材料の品質が実は大きく異なることもあります。
例えば、原材料である大麦若葉を無農薬で栽培しているとか、国内産であるとかですね。
値段が安いものは国内産でないものが利用されていることもあります。
国内産にこだわる方は、ドラッグストアで購入される場合、ラベルをしっかりと確認してくださいね。

 

 

値段が高い有名ブランド、例えば「キューサイはちみつ青汁」や「えがおの青汁」」であれば、やはり3000円から4000円の辺りで値段が落ち着くかと思います。
ですが、使われているケールや大麦若葉は国産で作られています。
毎日飲むものですから、できれば無農薬だったり、信頼できるメーカーの方が安心できますよね。
ここが価格の差だと思います。

 

原材料や国内にこだわりが特になければ、値段は全く気にしなくてもいいと思います。
私が以前飲んでいたのは、国内産ではなかったですし、値段も1980円ととてもお手軽な青汁でした。
結構飲みやすかったですしね。美味しくはありませんが。

 

ただ、近年は健康ブームもあり、使われている原材料などの安全性を考えられている方も多いです。
先ほども言いましたが、毎日飲むものですから、「良いものを安全に」というのは当たり前なのかもしれませんね。

 

毎日飲んで、家族みんなで健康生活を送りましょう。